大阪で注目のパーソナルトレーニングをまとめてご紹介!

パーソナルジム通い中にやめておきたい生活習慣とは?

    

やめておきたい生活習慣

 

パーソナルジムに通っているのにNGな生活習慣を続けている方はいませんか?実はより効果的なパーソナルジムの活用方法があります。
それは通っている最中に、行わないほうが良い生活習慣があります。
また間違った認識もあります。
そこでここでは大阪のパーソナルジムでトレーニングを展開しているジムの多くがNGとしている行為をご紹介します。
せっかく高額のパーソナルジムに通うのだから、是非覚えておきましょう。

 

 

どうして多くのパーソナルジムが短期間コースを設定しているのか

自分でセルフトレーニングしている方の多くが、体の使い方やトレーニング方法を自己流で行っています。
実は昔体を動かした方なら多少は知っているでしょうが、運動から離れて久しい方が筋トレや有酸素運動をやみくもにやっても、なかなか効果が得られない場合があります。
それはその方の体幹や普段の筋肉の使い方(つまり体の癖)にも意味があるからです。
人は弱い部分をかばいながら筋肉を動かします。
実際自分では動かしていたとしても、プロが見た場合は運動として足りていないこともあります。
そこでパーソナルトレーナーは、足りない部分や間違った方法を是正しながら、短期間で効果的に筋肉をつけるトレーニングを指導してくれます。
それは自分なら普段気が付かない筋肉の動かし方だったり、コツだったりします。
そして人の目があるので体を休めることなく、集中して筋トレや有酸素運動を行うことが可能です。
実際に体験レッスンをした方ならわかるはずですが、人が付いて運動するのは非常に疲れる反面、効果的であることに気が付くはずです。
これこそが多くのパーソナルジムが短期間コースを設定している理由です。
すなわち1年間かけてゆっくり痩せましょう、という方法は本来の人間の体に合っていたとしても、厳しい筋トレに耐えられるのはよっぽどの根性と努力がないと続かないからです。
一般の方ならせいぜい2~3カ月がいいところでしょう。
それこそがパーソナルジムの狙いです。
なぜなら2か月であっという間に体重が落ちる、体が引き締まるという実感が良くわかるからです。
ゆっくり痩せては確実な実感を意識しにくいいうことです。
逆にこの期間は確実な成果を出すために、トレーナーの発言や食事指導はストイックなほど守ったほうが良いでしょう。
短期間なのだから我慢する、節制することは可能なはずです。

NGだと言われている生活習慣とは?

運動する前の2~3時間前は食事を避けるべきだと言われています。
もちろんカロリー不足では意味がありませんが、直前に何かを口にするなら食事指導で食べてもよいものか糖質(ジュースやバナナなど、おにぎりでも可)を補っておくとよいでしょう。
またパーソナルジムによってはお酒もOKとしているところもありますが、あくまで量は適正を守ることとしています。
つまり飲みすぎはNGでビールなどの糖質が多いものはダメな場合が多いようです。
そして最もNGなのが食事内容です。
これはどのパーソナルジムでも指導(指導の大小はあるが)されるようですが、自己流になりがちです。
しかも毎日のことなので、相当覚悟しないとパーソナルジムの指導は受け入れられない場合もあります。
これが一番難しいと言われている生活習慣です。
特に女性なら糖分が豊富な甘いもの、男性なら脂質の多い食べ物やアルコール類を節制するのが難しいところでしょう。
もちろんジムによっては食べてもよいとしているところがありますが、それも量に加減があることを忘れないでください。
我慢するなら代用品や食べ方のコツをつかむようにします。
糖質でない甘味料を使ったデザート、アルコールならウイスキーや焼酎などの蒸留酒、脂質の代わりにチーズなどの乳製品といった具合です。
またトレーナーから具体的な注意はされないかもしれない生活習慣に「睡眠」があります。
運動習慣が付くと眠りにつきやすくなります。
またあまり夜の運動をおすすめしたくないのはできれば12時までに寝てほしいからです。
それこそが生活習慣の要であり、良い睡眠がとれれば代謝も上がるからです。
つまり規則正しい生活習慣が良い結果を生むということです。
できればここでご紹介したことをなるべく実行するようにしてみましょう。
確実に結果を出したい方にはおすすめです。